超少食で偏食だった我が娘に、料理経験の少なかった僕が作った料理。食べてくれた時には本当に嬉しかったなぁ。レシピを上げるまでもないこの料理にクックパッドで「つくれぽ」が届きました。
 
「娘さんのエピソード胸を打たれました。思い出のお品美味しく頂感謝♡」
 
「食べてよ!」っていう想い。「届け!」っていう想い。「一口でもいいから…」という祈りに似た願い。
 
僕の子ども達に作る料理は、僕の想い。想いを放ったら、「おいしかったか?」って尋ねる必要はない。弁当なら、からっぽになった弁当ガラを見ながら、今日は、結講、好きでない食材を入れたのに食うとるなぁ。そんな弁当箱を通しての会話をしてる。これは親子でだからできる。
 
あなたも1人ではない。あなたを産んでくれた人がいる。「繋がり」の中で僕達は生きているんだよ。だから、しんどかったら、メールでもメッセージでもなんでもええ。まずは「止まってよ!」「しんどい」って言うてよ。僕もそんなに強くはないけど、あなたのシグナルには応えたいと本気で思ってるから。
 
「ほうれん草と卵としバター炒め」
http://cookpad.com/recipe/1333441