一杯のカフェの力を信じますか?―苦楽しいカフェ開業物語
佐藤裕久著

先日の奥村主催イベント「第1回人生がおもろくなるセミナー」http://aiyo.livedoor.biz/archives/50141831.htmlでゲストのポンタさんhttp://www.mixstyle.tvからプレゼントして頂いた本。

この本、ムッチャええから是非読んでね。読んでいて何度も涙がでそうになったけど、心に残ったことを2つだけ。

1.親に頼らない頑張り屋の佐藤さんが事業に失敗して、初めてご両親に助けを求める場面、そして、お母さんからの置手紙。

僕にも同じような経験があるので、ブワッと涙してしもた。

2.佐藤さんのカフェは、傷心の佐藤さんを優しくさりげなく包んでくれたパリのカフェが原点。

1号店は「アマーク ド パラディ(楽園のハンモック)」。まさに、ゆったり流れる中で、ミルクたっぷりのカプチーノを飲んで、ニコニコ、ホッと過ごしている、そんな幸せ。

僕は、若い時に、大阪の京橋で通った店を思い出していた。窓からネオンを眺めながら、ライムを搾ったコロナビールを飲む。テーブルにはパスタ。オリジナルの料理が数品。

僕はこのお店が好きで、女の子を誘ってよく行った。この店ええやろ?って自慢したかったから。

そんなノスタルジックな感覚を思い出させてくれました。このお店を僕に教えてくれたあの先輩、どうしてるかなぁ?久しぶりにメールしてみるか。

■我が家の朝ご飯

0701301.玉子雑炊
2.壬生菜の漬物

■今朝の音楽:
この世の限り/椎名林檎×斎藤ネコ+椎名純平

■奥村一郎のプロフィールはこちら
 http://www.aiyo.biz/i/profile.htm